給湯器の水漏れ原因と対処法

給湯器 水漏れは、良くあるトラブルのひとつですが、それではなぜ給湯器から漏水するのでしょうか。そしてその原因は一体どこにあるのでしょうか。原因は様々なことが考えられます。この漏水をそのまま放置しておくと、より危険を招くこともあり注意が必要です。給湯器は火を使っている場合があり、水漏れが一酸化炭素を発生させる原因となります。電気系統に水が入り、ショートする危険もあります。単なる漏水だと甘く見るのではなく、くまなくチェックして、その原因がどこにあるのかを突き止めるようにしましょう。

■水漏れの原因

水漏れの原因は、いくつかパターンがあります。最も起こりやすいのが経年劣化によるものです。給湯器は毎日使用するものであり、それだけ傷みやすくなります。通常、耐用年数は十年程度と言われており、それを過ぎるころから水漏れの症状が出たりするのです。目で見てはっきりとわかるものではないですが、内部ではかなり劣化が進んでいるでしょう。例えば内部にあるゴムパッキンなどは経年劣化によって弾力性がなくなり、管との間に隙間ができて、その結果漏水を引き起こしたりします。
取り付けてからまだそれほど経っていないのに、水漏れが起こった場合は経年劣化が原因ではなく、取り付け時の整備不良か、給湯器そのものの欠陥が考えられます。施工時の整備不良なら取り付けてくれた会社に連絡を取って直してもらえます。
長期間にわたって使用しておらず、久しぶりに使ってみたら漏水したということもあります。このような時に漏水を発見することが多いです。

■それぞれの対処法

経年劣化による水漏れの場合は、簡単なものであれば自分で直すことができます。たとえばゴムパッキンの交換をすることで直せます。ただ、経年劣化の場合は単にゴムパッキンだけの問題ではなく、それ以外の部分も劣化している恐れがあります。内部の銅管なども劣化している場合は、素人が修理するのはかなり難しいのです。また、難しい内部構造のものもあり、かえって壊してしまうこともありますので注意が必要です。次に施工時の整備不良ですが、これは完全に施工会社のミスとも言えますので、速やかに連絡を取って直してもらいましょう。保証期間内であれば、無償で直してくれる業者がほとんどです。また、当初から壊れていた場合も同様です。長期間の不使用ですが、これは給湯器内部に圧が高くなっていることで起こる現象です。この場合は水抜き栓から水を抜いてみます。こうすることで減圧されますので、直ることがあります。お湯を出してみて正常に出てくれば大丈夫です。ただ、寒冷地では長期間の不使用によって内部が凍り、破損している場合もありますので、こんな時は業者を呼んで修理をしてもらうことになります。

■まとめ
給湯器の水漏れは、それを発見した時に最初は自分で修理することを考えるでしょう。その方が安上がりですし、自分で直したいという知的な欲求も湧いてくるかもしれません。しかし、現実にはそう簡単なことではありません。なぜなら、電気を使っていますし、その上ガスや石油などの燃料も使用しているからです。これらは少し間違えただけで、火事を引き起こしたりという災害を招きかねないのです。あるいは、かえって壊してしまったなどという事例も良くあります。ですから、水漏れを発見した時には、無理をせずに速やかに専門業者に見てもらうことをお勧めします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ