給湯器の様々なトラブルと水漏れ

水のトラブルで、一番困るのが給湯器のトラブルです。私たちは毎日お風呂や洗面にとお湯を利用しています。その為に一旦トラブルに巻き込まれると、途端に日常生活が送れなくなってしまいます。ここでは良く故障する箇所について説明します。まずよくあるのが、リモコンの故障です。次に多いのが配管からの水漏れで、給水バルブの故障による水漏れも起こります。また、内部にある電子機器の異常によっても水漏れは引き起こされるのです。それでは、それぞれの故障箇所について詳しく説明します。

■リモコンの故障と配管からの水漏れ

給湯器の操作は通常、リモコンで行われることが多いです。このリモコンが故障すると、温度調節や追い焚きなどができなくなり、非常に困ることになります。ただし、単に電池切れの場合もありますので、先ずは電池が切れていないかどうかを確認しましょう。次にボタンを壊してしまうことです。これは修理に出せば直りますが、古い場合はメーカー側に部品の在庫がないこともあり、そんな時には新しいものと交換せざるを得なくなります。ただ、交換と言っても給湯器と互換性のあるものでないと動かない場合がありますので、注意が必要です。
給湯器の内部にはお湯と水が通る二つの管が通っています。そしてこの内部にある二つの管のどちらかから漏水することがあります。この配管からの漏水は、漏電することもあり非常に危険です。この場合はいち早く修理をしなければなりません。

■給水バルブや基盤の故障によるトラブル

給水バルブは通っていく水の量を調節したり、給水、止水する為の栓です。このバルブを回して水を止めたり出したりするわけです。ですから水漏れがひどい時などはこのバルブを閉めれば水は止まります。このバルブから漏水しているというのは、大抵、バルブの中にあるパッキンが劣化していることが多いので、パッキンの交換によって直ります。
パッキンの交換程度ならまだ良いのですが、一番困る問題は基盤の故障です。給湯器は電子機器でもありますので、内部の基盤が何かの原因で故障してしまうと、素人では全く手が出せない状態になります。これは長年の使用によって次第に細かなホコリが溜まり、それがショートして壊れてしまうのです。このような場合は、修理では直りません。諦めて交換することをお勧めします。

■まとめ
給湯器のトラブルは水漏れだけではありません。様々なことが起こります。しかし大抵の場合、経年劣化によることが多いようです。給湯器も機械である以上、内部の部品が劣化することは止められませんので、耐用年数が過ぎれば当然トラブルを起こすことになります。それがリモコン故障となって表れたり、バルブからの漏水だったりするのです。ですから、使い始めてそれほど経っていないのなら別ですが、長年使用した上でのトラブルなら、交換を考えるべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ